テレビコマーシャルやメルマガなどのメディア制作

動画の制作

カメラが小型化して誰でも気軽に動画作成出来るようになった

動画作成を行うためにはビデオカメラを利用するというのが当たり前でした。昔、よく利用されていたのは8ミリカメラというもので、8ミリというのはフィルムの長さです。撮影した動画はカメラで再生するのではなく、専用の再生機で再生する仕組みでした。 その後、ビデオカメラにカセットを差し込んで撮影するという形になり、カメラが再生機も兼ねていたので別に用意する必要がなくなりました。 そして、現在動画作成に利用されている機械として、ビデオカメラの他に携帯電話やスマートフォンが加わりました。また、デジタルカメラでも動画撮影出来る機種があります。 携帯電話のような小型の端末でも動画が撮影出来るようになったのは、動画をデジタルデータで保存出来るようになったからです。記録媒体が小さいので、カメラも小さく出来るようになったわけです。

今後は素人でもプロ並みの映像を作るのが当たり前になるかもしれない

では、今後の動画作成のどのように行われるようになるかというと、まず、カメラは一段と小型化が進んでいくでしょう。また、めがねのように、常に身につけているツールにカメラが搭載されるようになってきているので、24時間、いつでも動画を撮影出来るのが当たり前になっていく可能性があります。 撮影した動画は、パソコンに取り込んで編集するというのはこれまで通りでしょう。個人でもハイビジョンカメラを手軽に購入出来るようになってきているので、個人レベルで映画やドラマのような凝った動画作成を行うのも珍しくなくなるでしょう。 また、動画共有サイトに個人が作ったドラマなどがアップロードされて、プロに注目される人材が出てくる可能性もあります。